腸内細菌バランスの効果

大豆発酵菌食品によって腸内環境のバランスが正常に整うと美肌やダイエット、高血圧・便秘・鬱の改善まで期待できます。
その効果をわかりやすくまとめました。


腸内環境を整えるなら大豆発酵食品サプリを上手に活用しよう!
大豆発酵菌と言えば納豆やお味噌、醤油などを思い浮かべますよね。おなかの調子が整う事でも有名です。
でもその大豆の発酵菌のパワーを引き上げるとと、それ以外にも美容・ダイエットやアレルギー・生活習慣病の改善など、様々なすごい効果があるんです。

腸内の細菌バランスが健康を左右する

人間の腸には約100種類、100兆個もの細菌がすみついています。この腸内細胞の群れは腸内フローラと呼ばれるもので、その細菌の割合は悪玉菌が1割、善玉菌が2割、残り7割は「強い方に味方しよう!」という日和見菌で構成されています。
悪玉菌とは簡単に言うと、毒素を出して人間を病気にする菌のことです。
O-157などで有名な大腸菌・食中毒を起こすウェルシュ菌・胃炎など引き起こすピロリ菌などがあります。 つまり悪玉菌が強くなって日和見菌がそれに味方してしまうと、善玉菌はひとたまりもありません。結果的にいろんな病気・体調不良を起こしてしまうんですね。
でも、ここで大豆発酵菌を取り入れると、腸内フローラのバランスが変わってくるんです。

大豆発酵菌が腸内の細菌バランスを正す!
大豆発酵菌を体に取り入れると、善玉菌と悪玉菌、そして大多数を占める日和見菌がそれぞれの役割が果たせる黄金バランスに整うのです。
すると自然と健康トラブルに強い身体づくりができていくのです。

大豆発酵菌で腸内環境を整えると得られる効果9つ

腸内環境が整うと具体的にどんな良い事があるのでしょうか。具体的に見てみましょう。
1.下痢・便秘が改善され、腸内腐敗物が排泄される。 2.免疫力が高まり、全身の細胞が強くなるため病気に強くなる。
3.体臭・口臭の発生が抑えられる。
4.シミしわのない美肌・アンチエイジング効果が得られる。
5.ストレス疾患・鬱などの自律神経系の病気が改善される。
6.花粉症、各種過敏症などのアレルギー疾患や湿疹が緩和される。
7.高血圧が改善される。
8.コレステロール値が下がる。
9.基礎代謝が著しく上がり、ダイエット効果や脂質の代謝の促進が期待される。

1.下痢や便秘の改善

悪玉菌が毒素を出して腸がダメージを受けると、腸が食べ物を送る動き・蠕動運動が鈍くなってしまいます。
便を運ぶ力が落ちてしまうため便秘になってしまうんですね。
大豆発酵菌を摂取して腸内環境を整えると腸が元気になり、蠕動運動が活発化して便秘が軽くなります。また腸がダメージを受けると、体内の水分が便に染み出したり、水分が腸からうまく吸収できなくなって便に染み込み下痢が起こる場合もあります。
大豆発酵菌を摂取して腸内フローラを良いものにすると、腸が回復して便秘も下痢も改善に向かうのです。

2.免疫力を高めて病気に強くなる

人間の体には、ウィルスや毒などから体を守る免疫機能が備わっています。外部から入り込んだ害のあるものを、体の外に排除する免疫細胞がその機能を担うんですね。その免疫細胞がもっとも多い場所が腸で、実に全身の免疫細胞の6割が腸に集中しているんです。つまり、大豆発酵菌を摂取して腸内環境を整える事で免疫細胞の働きが活発になり、風邪やインフルエンザなどウィルス性の病気にかかりにくくなるという事です。

3.体臭・口臭の発生を抑える

体臭といってもいろんな原因がありますが、全身から便のような臭いがしてしまう事があります。
これは腸が細菌バランスを崩し、悪玉菌優位の状態になったせいで便秘が起き、その便が体内で腐敗しているからなんです。
大豆発酵菌を摂取して腸内環境を整えて便秘を改善すれば、この口臭・体臭が改善するのです。。

4.美肌・アンチエイジング効果

大豆発酵菌で腸内フローラの状態が良い状態にする事には様々なメリットがありますが、腸内細菌と大豆との出会いは、究極の美容成分、美肌やアンチエイジング効果のあるエクオールという物質が作り出してくれるのです。
エクオールとは女性ホルモンに似た働きをする成分なので、年齢とともに減ってしまったホルモンを補い、アンチエイジングを叶える効果があるのです。
エクオールの具体的な効果としては、肌の潤いが保たれたり、コラーゲンを生み出す作用が活発になってシワやたるみの予防に効果的です。
そしてホルモンが減る事で起きる更年期障害や自律神経失調症など、なんとなく体がだるい・つらいという症状にも良い影響が期待できるんですね。

5.ストレス疾患・鬱の改善

ストレスを感じたり、鬱を引き起こす場所は脳ですが、実は腸と脳は密接な関係を持つ臓器同士です。
ストレスを感じると、便秘や下痢を起こす事がありますよね。実はその逆もあるんです。つまり、腸内環境が悪化する事で、不安な精神状態になる場合があるんです。
これを脳腸相関と呼びます。つまり腸内環境が良くなれば脳のリラックスにもつながり、鬱やストレス疾患の改善が見込めるわけです。

6.アレルギーや湿疹を緩和

アレルギーとは免疫機能の不調で、本来ウィルスなど外敵を攻撃するはずの抗体が自分を攻撃してしまう事で起こります。
身近な症状で言えば、花粉症や通年のアレルギー性鼻炎などですね。大豆発酵菌を摂取すると、腸内のバランスが整い、外敵と戦う抗体を作り出す細胞を安定させて、アレルギー症状を軽くしてくれるのです。

7.血圧を下げる

大豆発酵菌を摂取すると、その菌が産み出したアミノ酸からGABAという物質が生成されます。
血管が縮む作用をゆるやかにするGABA特有の作用で、血圧が低く安定するのです。

8.コレステロール値を下げる。

コレステロール値が下がる根拠として、大豆発酵菌が腸内細菌バランスを整え、その結果、腸からコレステロールが吸収されるのを妨げたり、コレステロールが大豆発酵菌に吸着される事で便になっていると言われています。

9.ダイエット効果・脂質の代謝促進

悪玉菌が優位で腸がダメージを受けている状態だと、腸の蠕動運動が鈍くなり基礎代謝が落ち込んでしまいます。
基礎代謝とは、生きているだけで消費するカロリー・エネルギーの事で、この基礎代謝が向上すると自然と痩せやすい体になるんです。人間の基礎代謝のうち、内臓が占める割合は60%にもなります。
大豆発酵菌を摂取して腸内フローラのバランスを整えれば内臓の基礎代謝が向上して、ハードな筋トレや辛い食事制限をしなくても痩せられる可能性があるわけです。


腸内細菌バランスを整える
菌活サプリNo1!

ラフィーユホープ

フローラバランサーEX発酵プレミアム

Flora-ex