大豆発酵菌の素「土壌細菌」って何?

土壌細菌のすごさってなあに?

すべての生き物は微生物によって生かされている!

遥か昔、地球に海ができ、はじめにあらわれた生物が、細菌に近い種類のものであったといわれています。
古細菌や真性細菌などと呼ばれるこれらの生物は、原核生物・真核生物へと分岐し、やがて光合成を行う種類も出てきました。
これらの細菌達は有機物を代謝し、やがて植物の育成を助け、長い年月をかけて、より高次の生物が住むことのできる地球環境に作り変えてきたといえるのです。

地球

実は生物のおなか(腸)の中は、原始の地球と似た状況があるということをご存知でしょうか?

腸内細菌は古代地球の土壌菌と同じ

人を例に取って説明しましょう。
人の腸の中には、たくさんの微生物・細菌が存在しています。その、数100種類、約1000兆個以上と言われ、腸の壁面にコロニー(群)を作って住んでおり、まるでお花畑のようであることから「腸内フローラ」等と呼ばれています。
腸内はあたたかく、まさに原始の海のようなもので、細菌たちにとってはとても住み心地のいい場所なのです。

さて、私たちは毎日食事をし、腸内で栄養を吸収していると思っています。でも実はそれは少し違っているのです。
食べた物の多くは、腸内フローラに住む腸内細菌群が分解合成し、ビタミンやアミノ酸、さらには免疫物質やドーパミンなど脳内伝達物質などまでを作りだし、それを腸から吸収することで、はじめて人が生きて行くための栄養とすることができるのです。

つまり、腸自体はただの吸収器官で、腸内細菌がいないと人や動物は生きていけないのです。

善玉菌と悪玉菌

本当はそんな区別はない?

一般的によく言われることですが、善玉菌の量が悪玉菌の量を上回ることで健康が保たれると言う話があります。
でも本当は腸内細菌を善玉菌と悪玉菌には、きれいに分けることはできないという説もあります。
なにしろ数百種類、約1000兆個以上もいるのですから・・・。

善玉菌の代表とされるものに乳酸菌があります。
乳酸菌とは糖から酸をつくり出す菌の総称で、フェーカリス菌やアシドフィルス菌、ビフィズス菌など、その種類もたくさんです。
虫歯菌として有名なミュータンスも実は乳酸菌の仲間です。
一般に乳酸菌は善玉菌と呼ばれ、悪玉菌と言われる病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などをやっつけて、腸内で良いはたらきをすると言われています。

しかし、乳酸菌ばかりが増えてしまうとおなかは不調をきたし、腸内でさまざまな栄養を作るという肝心のはたらきも充分にできなくなってしまいます。
乳酸菌はあくまでも他の病原微生物と拮抗することによって腸内環境の維持に役立つわけで、
乳酸菌だけが健康のために必要という訳ではありません。

善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1

あえて善玉・悪玉でいうならば、腸内での理想的なバランスは
「善玉菌2」に対して「悪玉菌1」、そしてその時々で優勢な方につくという「日和見菌が7」というのが最もバランスのとれた状態とされています。
もちろん悪玉菌ばかりが異常に増えたら大変ですが、なくても困ります。
つまりはバランスが大事なのであって、本質的な意味で菌には善も悪もないのです。

なぜ乳酸菌ばかりが「腸に良いもの」と、されるのか?

近年の健康ブームにのって、乳酸菌を使った飲料が次から次へ開発されていますが、それはどうしてでしょうか?
実は新種の乳酸菌は作りやすく、前例がたくさんあるので特許が取りやすいということがあげられます。
しかも善玉菌の代表格とされているのでイメージがとても良い。だから腸内細菌を研究する微生物の先生達にも、乳酸菌飲料のメーカーから多くの研究費が出ていたりします。
そうなると先生方も無理矢理にでも健康に良いとされる乳酸菌を見つけ出さないと行けない、ということになるわけです。
多くの研究者たちが、多様な細菌が腸内でさまざまな栄養を作っているということを知りながら、あまりそのことを言わないのはそうした背景があるのでしょう。
本当のことをいうと、乳酸菌飲料が特別にいいものであるならば、そして、これだけ出廻っているのだから生活習慣病もガンも少しは減っていいはずなのです

腸内細菌バランスどうすればいい?

添加物とストレスにまみれた現代社会

では、腸内細菌のバランスを保つには、どうすればいのでしょうか?
簡単に言えば、日持ちのしない新鮮な食べ物を毎日バランスよく食べ、時には自然に親しみ、海に潜ったり、土いじりをしたりして無用なストレスから解放された生活をすればいいだけの話なのですが、これ、現代社会ではなかなかできませんよね?
巷にあふれる食品の多くは長持ちをさせるため添加物にまみれています。
また、新鮮野菜もさまざまな化学肥料を排除しきれません。
まして日頃の生活できれいな海に潜ったり、土いじりを楽しむなんていう機会もなくストレスにまみれ、あげく乳酸菌飲料や偏ったサプリメントに頼り、結果として腸内バランスは大いに崩れてしまうわけです。
現代人の宿命と言えば宿命です。

そこで天然微生物で完全発酵させた栄養補助食品を作りました。

本当に自然のままに作られたいわゆる自然食品は、やはり値段が高いですし、偏った成分でつくられたサプリメントでは腸内細菌のバランスを整えることなどできません。
そこでそんな現状を打破するために有用な土壌細菌を採取し、これを大豆と混ぜて発酵させた製品を作ったのです。
ここでいう有用な土壌細菌とは
(1)タンパク質分解菌群
(2)セルロース分解菌群
(3)油脂分解菌群
(4)デンプン分解菌群

以上の4つのタイプの土壌細菌をいい、いずれも人間の腸内で消化された食物から必要な栄養分を分解する能力に秀でた菌類。
この中には乳酸菌も含んでいますが、それだけではないバランスのとれた菌のグループを有用細菌群として含んでいます。

土 大豆

天然の原料と「大豆」パワーで、画期的が食品ができました。

発酵とは、有機物を微生物に分解してもらうことで有機酸や炭酸ガス、アミノ酸等、人間に良いはたらきをもたらす物を生成させることを言いますが、フローラバランサーEXには、これらの発酵物の良いところを余すところなく摂取できる、天然微生物発酵食品なのです。
これを摂取することで腸内に乳酸菌ばかりを無闇に増やすのではなく、腸内細菌全体のバランスを整え、おなかの調子を自然に戻し健康増進への効果など様々な期待ができる食品として多くの方に愛用頂いているのです。


腸内細菌バランスを整える
菌活サプリNo1!

ラフィーユホープ

フローラバランサーEX発酵プレミアム

Flora-ex